私たちが所属している「反応点治療研究会」は、治療する機会の多い疾患に関する症例ブログを運営しています。

そのうちのひとつ、「めまい・立ちくらみ・ふらつき」に症例を投稿しました。

(別ウィンドウで開きます)
http://hannoten03.blog73.fc2.com/blog-entry-49.html

突然転倒するようになってしまった80代の女性で、耳や大腿、殿部の筋肉にかなり強い反応を触知しました。
この領域を中心に鍼を打ち、自分でローラーを使った治療もして頂いています。

平衡感覚に不調をきたし、筋肉の柔軟性が失われたために、バランスを崩しやすくなったものと考えられます。

今では転倒はなくなりましたが、寒さもあって筋肉がこわばりがちなことから、継続して治療を行っています。

介護の予防は、歩ける身体、転ばない身体を維持することにあります。

とっても話し好きで、術者である私がたくさん勉強させて頂いている患者さんです。

これからも元気で過ごして下さることを願っています。