読書をしていて、途中まで読んだところの目印としてしおりをはさみますよね?

でないとどこまで読んだかわからなくなってしまいます。

今日はあえてしおりを挟まない読書法、名付けて「しおり不使用読書法」を試しています。
なぜこんなことをするのかというと、内容を少しでも頭に定着させるため。

だいたいどこまで読んだかは覚えているのだから、そのあたりまでばーっとページをめくっていくことが、内容の復習になるというわけです。

私は本を読むときに、けっこうたくさん付箋を貼ったり線を引いたりします。
読み終えたときに、最初からページをめくっていき、チェックした部分だけを読み返すようにしています。
一回通して読んだくらいで内容が頭に入れば楽なのですが、私の頭はそう都合よくできていないらしいので、こうやっています。

今回のしおり不使用読書法は、あえて不便さを自分に強いることで、内容の想起をうながす画期的な手法といえます。覚えていなかったらそこから読み直せばいいのです。

というわけで、斬新な読書法を提案してみました。
おそらく面倒さに負けてすぐにしおりを使い始めることでしょうが、懲りずにどんどん新しい手法を実験していきたいと思います!