ここ最近、疲れ目やドライアイなど自分の目の調子が悪く、自分で治療を行っています。

冬場は外も空気が乾燥していますし、室内で暖房をかけますので、体のいろいろな部分が乾燥しやすくなっています。

目も当然同じ。

目の乾燥を防いでいるのは涙ですが、この涙は目尻のあたりにある「涙腺」から分泌され、まばたきによって目頭の方に移動します。

あまった涙は目頭の部分にある「涙点」という部分で回収され、鼻へと排出されていきます。

つまり、涙には目だけでなく、鼻の乾燥を防ぐ作用もあるというわけです。

涙には殺菌酵素も含まれていますから、適当な量の涙で鼻が潤っていることは、カゼの予防にもつながります。

目はデリケートな器官ですから、目の周囲の皮膚に対して美顔用の細い鍼を使ったり、ローラーや小児鍼という刺さない鍼を使うことで、涙、眼房水などの眼球内の水分の循環を促します。