大学でともに中国語を学んだ同級生が治療を受けに来てくれました。

彼女と出会ってから、もう15年近い時間が流れました。卒業してからはほとんどやりとりはありませんでしたが、この春に同窓会があって、私のいまの仕事について話すと、治療に来たいと言ってくれていたのでした。

いまは東京で旦那さんと娘さんと3人暮らし。今回少し長めに帰省をするとのことで、わざわざ実家のある大阪からやって来てくれました。2歳になるカワイイ娘さんを連れて。

娘さん、初めての場所に連れてこられて、不安気なご様子。

そこに知らない人が突然現れたのでビックリして不安に思ったのか、大泣きしてママにしがみつき、なかなか離れてくれようとしません。

そこで一計を案じました。

治療用ベッドを2つ繋げ、ママと一緒に寝てもらうようなかたちにしました。これで安心してくれたのか、泣きじゃくっていたのが少しずつ静かになり、寝息も立て始めました。

さて、お母さんの方、娘さんが生まれてからずっと抱っこやおんぶで、首肩がかなりこっていて、背中の張りにも悩んでいるということで、この機会にしっかりと治療させてもらいました。

途中で娘さんも目を覚ましましたが、ようやく私たちが敵ではないとわかってくれたようで、上機嫌になって積み木で遊んだり、こちらの言葉を真似したり、すっかり仲良くなってしまいました。

ママは治療後、首肩、腰もかなり軽くなったようで、2人は元気に帰っていきました。

すっかりお母さんになって、娘さんを優しい目で見つめている姿が心に残りました。バカなことをやって、悩める大学生だった僕らも、いつのまにか大人になっていたのですね。

治療をしながら、近況を話したり、思い出話をしたりと、私自身も楽しい時間を過ごさせてもらいました。

彼女とご家族が、これからも健康で幸せに暮らしてくれることを願ってやみません。

プライバシーに配慮した治療空間①

(治療室は広々とした個室です。お子様連れの方もぜひお気軽にご来院ください。予約時間を調整しますので、声を出しても泣いてもOKですよ)