こちらの記事に「リラクゼーションは成長産業?」という一節がありました。

「“もみほぐし”や“整体”は『リラクゼーション』、すなわち『休養』『緊張の緩和』であって、『治療』でない」という建前がありますが、どこか適当に「整体」などで検索してウェブサイトを見てみてください。普通に「治療」という文字が踊っています。極端な話をすれば、誰でも、明日からでも開業することができます。

国家資格を持って「治療行為」を行っているのは、医師を除けば、「あん摩マッサージ指圧師」、「柔道整復師」、「はり師・きゅう師(別々の資格ですが、まとめて「鍼灸師」と呼ばれています)」の三者です。

しかし、患者さんからみれば、「治してくれればそれでいい」のであって、ヘタな国家資格者よりも腕のある無資格者に診てもらいたいというのが当たり前でしょう。私でもそうします。しかし、資格というものもなかなかあなどれないものがあります。

医師による医療行為であれば、医師法の執行が徹底していますので、例えば私が患者さんを勝手に手術したりすれば(しませんが)、即座に両手が後ろに回ります。国家資格という制度が障壁の役割を果たし、異物の混入を防いでいるわけです。

しかしながら、いわゆる「リラクゼーション」の方たちが「治療」をうたうことに関しては、実質的に野放し状態というのが現状です。(さすがに無資格者が鍼を打つような、体を傷つける行為をすればまずいことになるでしょうが)

「現状はけしからん!すぐに逮捕しろ!」と言いたいわけではありません。(「整体でバキバキされてひどくなって…」という方を診るようなときには、ちょっと思いますが…)

でも、国家資格を取得するのにはみんな相当の時間的、経済的なコストをかけています。何年もかけて解剖生理学や病理学、関係法を学び、試験を突破し、開業にあたっては保健所に届け出をし(いろいろな基準があるのです)…もちろん開業してからも毎日勉強しています。「治療院」は、見渡せば溢れるくらいたくさんありますが、誰もがそのハードルを越えてそこにたどりついているのです。

「産業」という言葉にも首をかしげてしまいます。もちろん生活しなければなりませんから、対価としての技術料を頂く必要はありますが、医療者が「産業」だと思ってやっていていいものでしょうか。医療法には「医療は、生命の尊重と個人の尊厳の保持を旨とし」とあります。果たしてそれは産業でしょうか。

大切な体を預かり、「治療」という行為を許して頂いている以上、相応の覚悟をもって仕事をしています。

所詮は(すぐに変わる)厚生労働大臣の名前が入ったただの紙切れにすぎませんが、「国家資格」というものにも目を向けて損はないのではないか、と思うわけです。