「京都市医療通訳派遣事業10周年記念フォーラム」に参加してきました。

京都市で医療通訳制度が始まって10年になります。
これまでの足跡を振り返り、利用者である病院、医師、そして患者さんの視点からのお話も聞かせて頂きました。

ここで通訳者として働きはじめて、ちょうど一年になります。
本業がありますので、月に数回のお手伝いですが、内科、外科、眼科、小児科、呼吸器科などなど、あらゆる科で、本当にいろいろな患者さん、医師のお手伝いをさせて頂いています。

フォーラムの最後に京都市長から感謝状を頂きました。
「長年」と書かれてありますが、これまでの先輩方の蓄積があってこそのものです。

1465164_569096153166927_215011375_n.jpg

これからも、微力ながらお力になれればと思っています。

今日は、枚方で「第4回 医療通訳を考える全国実践者会議『医療通訳の現在・未来を考える』」が開催されます。

私は「本音で語り合おう私たち(通訳)のこと」というワークショップで司会を仰せつかりました。
全国から集ってこられる医療通訳者の皆さんと、有意義な意見交換ができることを楽しみにしています。