私たちが行う反応点治療とは、神経生理学的に鍼が体に影響をおよぼすメカニズムを考え、訓練された「職人の手」による触診によって病気のありかを見つけ出す治療法です。

神経生理学は、治療の考え方を規定する「知識」であり、
治療を行う手は、実際に施術を行う「技術」であります。

知識と技術は車の両輪であり、いずれか一方だけでは治療にあたることはできません。

修得には努力と時間の積み重ねを要しますが、誰にでも身につけられるものです。

その反応点治療を学ぶことができる実技講習会が、東海地区(岐阜)で開催されます。

治療の方向に悩む治療家の方は、ぜひご参考にして下さい。以下は募集要項です。

————-
2014年度 反応点治療  実技講習会(東海地区)
募集要項

受講生20名定員で開催します。

全5回   原則 偶数月の第2日曜日(例外あり)

(日程) 各回とも10時~16時
第1回  4月13日(日)
第2回  6月 8日(日)
第3回  8月10日(日)
第4回  10月19日(日)(注! 第3日曜日)
第5回  12月14日(日)

(会場)全て岐阜市のサンリ治療院
岐阜市幸ノ町1-16  電話 058-267-4489
地図はHPを参考にして下さい。
http://www16.ocn.ne.jp/~sanri/ (「サンリ治療院」で検索)

(参加費)初回に一括納入  2万5千円
欠席されても返金はできません。
年度の途中から参加される方は残り回数×5千円を一括で納入のこと。

(内容)
反応点治療の基礎から応用まで。
全身を診られる治療家になるため、ツボ=反応点の捉え方をみがき、実践的な実技を集中して行ないます。
午前 10時 身体の部位別の症例報告(一年間で全身を把握できるように)
11時 河村先生による講義 (反応点治療の概論)
午後 1時~4時 実技 習熟度別にグループにわかれ、実技を行ないます。

(持ち物)自分の鍼灸道具(普段使っているもの)、スリッパ、筆記用具
服装は自由です。治療を受ける側にもまわるのでラフな格好で。
(テキスト) 「反応点治療」 河村廣定・著 (医道の日本社 3,400円+税)
「ツボ刺激による自己ケア」 河村廣定・著
(遠見書房 2,000円+税)
(その他) お昼ご飯は持参下さい。会場から徒歩5分以内にコンビニあります。

申し込み先
2013年から継続の方もお手数ですが、再度メールにて申し込みをお願いします。
kotoha022★gmail.com (清水宛て)
※★を@に変えて送信してください。
————–