今日は私の所属する「反応点治療研究会」の定例講習会(関西)がありました。僭越ながら私たちも講師の一人として参加させて頂きました。

講習会というと、実際の打ち方を習うことに目が向きがちです。
もちろん実技は必要ですが、内臓の炎症等の不調が脊髄反射を介して皮膚上にツボ(=反応点)を形成する生理学的原理を理解しておく必要があります。

何でもそうですが、「打って楽にする」以上のことをするには、手先の技術はもちろん、理論的な後ろ盾が不可欠です。

患者さんへの説明はもちろんですが、治療者にとっても、なぜそうなるのか、根本のところがわかると治療がグンと楽しくなります。