旧い友人に頼まれ、先週からその方のお祖母様の診療をしています。

膝に痛みが出始め、整形外科を受診したところ、「変形性膝関節症」と診断されたとのこと。「このままだとO脚になります」と言われたそうです。

さっそく見せてもらい、膝周辺の筋肉を中心に鍼での治療を行ったところ、痛みは消え、「本当に体が楽になった」と喜んでおられました。骨の異常というよりも、筋肉の不必要な緊張による痛みだったようです。

このようなケースはこれまでたくさん診てきましたが、ほとんどが筋肉の問題です。加齢ですり減ったという骨は、鍼を打っても元には戻りませんが、痛みは取ることができます。これは、痛みの原因が骨ではないことを意味しています。

「変形性膝関節症」というと、足が大変なことになってしまうのではないかと恐怖するでしょうが、痛みを取り、楽に歩けるよう改善させることができます。

足にかぎらず、体の痛みに苦しんでおられる方は、鍼治療を選択肢に入れてみてください。きっと力になれるはずです。