春頃より眼底出血による視野欠損の治療で通院されている患者さんの声を更新しました。

患者さんの声

仕事の疲労、ストレスが原因とみられる眼底出血により、当初は左眼の視野が半分ほどに狭まっていました。文筆業をされている方なので、視力は職業生命にかかわります。

ご自身でもローラー鍼を使用してこまめにセルフケアをされており、失われていた視野が少しずつ回復してきています。

これからも眼を大切にして、たくさんの作品を世に送り出してくださることを期待しています。