鍼治療に慣れている方は、痛みの症状が現れたときにも比較的早くに来院されます。

 

そうすると、治療の回数がはるかに少なくて済みます。もちろん一概には言えませんが、比較的最近に発症したものであれば一回の治療でだいたい痛みは消えます。

「背骨や骨盤の「ズレ」、「ゆがみ」などが原因では?」と尋ねられることもあります。病院などでそう言われた、とおっしゃる方もたくさんおられますが、私は疑問を持っています。

 

鍼は骨の「ゆがみ」を矯正することなどできません(ただの柔らかいステンレスですから、さわるだけでポヨンポヨンとたわみます)。

 

でも、痛みを取ることは大得意です。鍼は、骨には何の影響も与えられないにもかかわらず、痛みは取ることができる。それならば、痛みの原因は骨ではなく、実際に鍼が効いている筋肉にあると考える方が自然です。

 

昨日も、急な背中の痛みで当日予約で来院された方がいました。動くだけで痛いとおっしゃっていましたが、治療開始から20分も経たずに消失しました。

 

痛みで日常生活に支障をきたし、湿布やもみほぐしでやりすごすよりは、ササッと鍼で消してしまう方がよほど経済的ですし、一番早い方法だと思います。

 

そういった意味で、鍼の「コスパ」はとんでもなく高い。

自信を持って宣言いたします。