腰の痛みはヘルニアなどが原因だと言われることも多いですが、ほとんどが筋肉の問題です。「背骨がゆがんでいる」という言葉も聞きますが、背骨がゆがんでいると必ず腰痛があるかというと、そんなこともありません。
おしりの上の方から、背中に沿って、できるだけ上の方へ手を伸ばしてみて下さい。
背中で手の届く範囲はほとんどが、広背筋というコルセットのような大きな筋肉です。
この広背筋が過度に緊張すると、痛みが発生します。ただでさえぎゅっと体を締め付けている筋肉ですから、必要もないのに緊張が高まると、深部にある筋肉を押さえつけてしまうからです。
そして、広背筋が分布する高さにある臓器にも注意が必要です。ここには、肺がありますので、呼吸器の不調が筋肉の反射を引き起こすことがあります。
胃の調子が悪い時に、背中が痛くなった経験はないでしょうか。
これも胃からの脊髄反射によって、対応する部分の筋肉が本人の意思とは無関係に緊張し、硬くなってしまっているのです。
広い範囲にわたる背部、腰ですが、同じ高さの臓器に着目することが大事です。
次に、臀部、つまりおしりです。
おしりは柔らかいので、ただの脂肪のかたまりのような気もしますが、人間が二本足で歩くために欠かせないはたらきをしています。
おしりの筋肉(臀筋)は、歩行の際に足を支え、太ももの動きをコントロールしています。
試しに片足で立って、おしりを触ってみて下さい。硬くなっていることがわかるはずです。
腰からおしりにかけて、筋肉が過緊張することで腰痛や太ももの痛みが起こります。
先ほどと同様に、同じ高さにある内臓を考えてみましょう。
実は、腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛は、下腹部にある内臓からの反射を受けて緊張します。
従って、まず、下腹部に刺激を加え、その後横向き、うつ伏せになって臀筋の治療を行います。
痛い部分の治療はもちろん必要ですが、原因となっている内臓の症状にも対処する必要があります。頑固な腰痛にお悩みのかたは、お気軽にご相談下さい。根本治療に向けた健康づくりをお伝えします。