「鍼治療が不妊治療のストレスを軽減、睡眠、生活の質の改善も」
当院でも数多く行っている不妊治療に関して、このようなニュースがありました。
(以下のサイトから概要を引用、翻訳しています)
鍼治療が不妊治療のストレスを軽減
記事原文

米国生殖医学会(American Society For Reproductive Medicine)が、体外受精を受ける女性が感じるストレスと鍼治療の関係を調査したところ、体外受精に合わせて鍼治療を受けることで不妊治療のストレスが緩和することが判明しました。

体外受精患者87名に対し、体外受精だけを行った女性、鍼治療を一度だけ受けた女性、1カ月以上にわたって、反復して鍼治療を受けた女性に分けて実験をしたところ、受精卵移植の1カ月以上前から反復して鍼治療を続けた女性は、ストレスの軽減が顕著に認められたとのことです。

しかし、受精卵移植の当日に一回だけ鍼治療を受けた患者はストレスが増加し、鍼をまったく受けなかった患者とのストレスの度合いは大差がなかったそうです。

研究者たちは「鍼治療は、体外受精を受けている女性のストレスの緩和が期待できる手段であると考えられる(acupuncture appears to be a promising stress-lowering tool for women undergoing IVF)」と語っています。

また、鍼治療は睡眠の質を高め、ストレスや加齢に伴う抑うつを緩和することがわかっています。(Acupuncture was found to successfully improve sleep quality and reduce both stress and depression in the elderly)

 

研究者は「鍼治療は、精神的苦痛や抑うつ症を効果的に改善し、緊張の緩和と生活の質を高める手段になりうる(acupuncture can be a good intervention method for ameliorating psychological distress and depressive symptoms, thereby promoting relaxation and well-being)」と述べています。

当院でも、不妊治療に限らず、鍼治療を受け始めてから主訴だけでなく「全体的に疲れにくくなった」「よく眠れるようになった」とおっしゃられる方が多数おられます。「いい顔になってきたな」と感動することもしばしば。

 

今回の研究結果は、私たちが普段の臨床で患者さんから受ける印象にもよく当てはまるものでした。こうして、少しずつ科学的に鍼灸の効果が明らかになっていくことを嬉しく思っています。