米国のメリーランド大学(University of Maryland Shore Regional Health’s Center)で、「鍼灸を用いた禁煙プログラム」が4週間の日程で開催。

 

5カ所の耳鍼と、グループディスカッション、瞑想などを組み合わせて、薬物を用いない治療を行うそうです。

The National Acupuncture Detoxification Association (NADA)“(アメリカ鍼灸解毒協会とでも訳しましょうか)という、耳鍼を使って薬物中毒などを治療しているNPO団体による”the National Acupuncture Detoxification protocol”という方法にもとづいて行われるとのことです。

 

実は、日本よりも他国の大学の方が鍼灸を広く研究、応用しています。