最近、生活が不規則になっていて体が重く、あちこち痛くなってきたので芦屋にある先輩の治療院に治療を受けに行ってきました。

 
JR芦屋駅から徒歩4分とありますが、2〜3分で着く場所にあります(表記が謙虚ですね)。
 
12787238_951728064903680_2144887241_o
「空」色を基調にしたきれいな治療室
 
こちらの森川ご夫妻は同じ研究会に所属している先輩で、親しくおつきあいしてもらっています。
森川院長はどちからというと寡黙な方ですが、誠実を絵に描いたような人柄にはいつも圧倒されています。
 
お二人にみっちり鍼を打って頂きました。
そこまで体調が悪化している自覚もなかったのですが、治療後は生まれ変わったようにすっきりしていました。いろいろ溜まっていたのですね。
 
わたしはいつもは鍼を打つ側なのですが、治療する側はけっこうくたびれます。
あっちに鍼を打ち、お灸をし、ローラーをかけ…診療時間はあわただしく過ぎ去っていきます。
 
いつの間にか脳内に「鍼灸=くたびれるもの」という図式が出来上がっていましたが、受ける側に回ると、なんと、体調が回復してしまうことがわかりました。
 
いやー、本当に鍼って素晴らしい。
この素晴らしさを皆さんにも体験して頂きたく、体の不調には鍼灸治療を受けられることを強くおすすめします!(いまさら)
 
芦屋近辺にお住まいの方はぜひ訪れてみてください。
何より、うちと違って階段がないのがいいですね。
階段がある方がどうかしているのですが…