当院の比較的得意とする疾患に、頭痛の治療があります。

先週も、頭痛で悩んでいる方が数名来院されました。

 

頭痛の多くは、頭を覆っている筋肉が過度に緊張してしまうことで起こります。
とくにそれが起こりやすいのは、こめかみから耳にかけて、頭の横を広く覆っている「側頭筋」という筋肉です。
頭蓋骨はヘルメットのようになっていて、そこにびっしりと筋肉が張り付いています。これが自分の意志に反して緊張してしまうと、痛みが生じます。

 

なぜ頭の筋肉が緊張するかというと、のど、鼻、耳といった顔面内部の粘膜の炎症が大きく関係しています。
慢性的な炎症によって筋肉が縮んでしまい、繰り返す痛みとなって現れてしまいます。

 

したがって、痛みを起こしている筋肉そのものと、筋肉の緊張をもたらしている粘膜の環境の改善という二本立てで治療を行う必要があります。

 

昨日お見えになった方も、一週間ずっと頭が重かったのが軽くなったと喜んで帰られました。

 

薬を飲んでも収まらない頭痛をお持ちの方に、鍼治療を選択肢の一つとして自信をもっておすすめしている理由です。