顎関節症をお持ちの方を治療することがあります。

といっても、最初から顎関節症のお悩みで来院されるのではなく、肩こりや頭痛、腰痛など、他の疾患を抱えている方を治療しているうちに、気づくケースが多くあります。

顔の部分を触診しているときに、頬のあたりに強い反応を感じるので、「口の開け閉めがしんどかったりしませんか?」などと質問してみます。

すると、案の定、そのような症状があるという回答があります。

口を開けるのが痛くて、歯科での治療を受けるのも大変だということです。

ここには顔用の細い鍼や、ローラー鍼、小児鍼などで優しく刺激します。

顎関節症の原因として、「噛み合わせ」が挙げられることが多くありますが、私たちは多く筋肉に着目しています。

物を噛むときのあごの筋肉が縮こまってしまうと、口を開けようとしてもなかなか開いたままにしておけません。

筋肉への施術によって、良くなるケースがほとんどですので、骨のことを考える前に、筋肉も不調を取り除くの早道でしょう。