患者さんの治療ができることが、猛烈に嬉しい。

はりきゅう一筋30年の先生も、こんな思いでいられるのだろうか。

良くも悪くも、人は慣れていく生き物だから、これほど心躍る気持ちで治療に臨むことのできる日々も、いつか消え去ってしまうのかもしれない。

むしろ、そうでなくてはならないと思う。

いつまでも、歩けることに喜んでいる大人はいない。

その時にはまた別の、今の自分には想像もつかない喜びが、生まれることだろう。