肩こり、腰痛というのは筋肉の過緊張による痛みです(断言)。

「背骨がゆがんで」

「骨盤がゆがんで」

「関節がゆがんで」

という「ゆがんで」論は関係ありません。

そもそも、骨は筋肉によって動いているのですから、その「ゆがみ」も筋肉にむりやり引っ張られている可能性が高いと思いませんか?

鍼灸は、筋肉の過緊張をゆるめるはたらきがあります。

そして、筋肉というものは何層にも重なりあって存在しています。

一枚岩ではないのです。

表面にある筋肉を取ると…

まだ筋肉!

まだまだ筋肉!!

という風に、奥深くまで重なりあって存在するので、マッサージなどの表面からの刺激だけでは、深層まで力を伝えることができません。

その点、鍼はまさしくピンポイントで、対象となる深い部分の筋肉にまで届きますので、効率的かつ負担の少ない、きわめて優れた治療法なのです。

痛みに対して、これほど即効性のある治療法は鍼をおいてほかにないでしょう。

痛みは慢性化すると、脳がそれを「学習」してしまい、悪循環に陥ります。

肩、腰にかぎらず、痛みの症状で苦しんでいる方に、自信をもって鍼灸治療をおすすめする次第です。

 

———-

中国語教室もやってます!

———-