神戸元町・花隈の緑内障・中心性網膜症・ドライアイなどの眼科疾患、不妊症、めまいに実績のある鍼灸専門治療院

ブログ

腰から足にかけての痛みの治療

腰痛をお持ちの方の中には、足にまで痛みが広がっている方が多数みられます。 腰~お尻~太もも~ふくらはぎというラインで、しびれるような痛みが続き、歩くのも立っているのもつらい。 ややもすると「坐骨神経痛」という診断名がつい …

疲れ目・ドライアイの鍼灸治療―顔面の炎症を抑え、循環を改善

私もそうですが、長時間パソコンに向かっていると、疲れ目・ドライアイといった症状に悩まされるようになります。 意識的に瞬きの回数を増やしたり、目頭の周辺を押さえると涙が分泌されて楽になります。 他の原因としては、鼻や口腔、 …

患者さんの治療ができることが、猛烈に嬉しい。 はりきゅう一筋30年の先生も、こんな思いでいられるのだろうか。 良くも悪くも、人は慣れていく生き物だから、これほど心躍る気持ちで治療に臨むことのできる日々も、いつか消え去って …

「だるさ」とは一体何か

「だるい・しんどい・倦怠感がある」、とはよく聞く言葉ですが、その正体は一体何でしょうか。 風邪を引いているならもちろん風邪が原因と考えられますが、特に熱はない、咳もくしゃみもないのに、ただひたすら「しんどい」という状態が …

反応点治療研究会の講習会(関西)が開催されました

今日は私の所属する「反応点治療研究会」の定例講習会(関西)がありました。僭越ながら私たちも講師の一人として参加させて頂きました。 講習会というと、実際の打ち方を習うことに目が向きがちです。 もちろん実技は必要ですが、内臓 …

逆子の鍼灸治療

逆子は、子宮環境の悪さから引き起こされるものだと言われます。 私たちの生活でも同じではありませんか。 ベッドのシーツが乱れていたり、寒かったりすると、よりよい環境を求め、体はひとりでに寝返りを打ち、しきりに動き出します。 …

反応点治療研究会の合宿へ行ってきました

先週末は、反応点治療研究会の合宿へ行ってきました。 反応点治療のメンバーたちで実技講習、疾病に対する考え方をみっちりと討論してきました。 私たちが発表を行った美容鍼灸、糖尿病、がん患者さんの治療、私たちのお師匠である神戸 …

むくみを取る鍼灸治療

むくみは日常生活でたびたび起こる症状です。 体にたまった水によって、腫れぼったい感覚を覚えるものですが、なぜ、むくみは起こるのでしょうか。 まず、心臓の機能の面から考えてみましょう。 例えば足。足から心臓に戻ってくるとき …

貧血と立ちくらみ

急に立ち上がったときに立ちくらみを覚える方がいます。 貧血の典型的な症状…といわれますが、立ちくらみ=貧血とするのは早計です。 急に立ち上がったので、脳の血流量が一時的に低下して…と聞くと、なんとなくそんなものかと思って …

更年期障害の正体

動悸やのぼせ、冷え性、めまい、耳鳴りなどが起こるという更年期障害。 自律神経失調症といわれますが、本当に失調しているのでしょうか。 神経は、1かゼロかの電気信号によって作動していますから、本当の失調とはそれが作動しなくな …

« 1 24 25 26 27 »
PAGETOP
Copyright © 南天はり灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.