神戸元町・花隈の緑内障・中心性網膜症・ドライアイなどの眼科疾患、不妊症、めまいに実績のある鍼灸専門治療院

ブログ

西洋医学で鍼灸をみる

Amazonで洋書が安くなっていたので、前々から気になっていた書籍を購入しました。 『An Introduction to Western Medical Acupuncture』という本です。 『西洋医学的鍼灸の手引き …

低気圧のむくみ対策

湿度が上がり、気圧が低いと頭はぼーっとしがちになります。 高気圧の環境下では私たちの体はぴったりと包まれたようになり、皮膚の緊張が増します。 気圧が低くなると、体を押さえている空気の力が弱まって、皮膚は「ゆるく」なります …

外から見えないめまいの原因、鍼灸師はどう見るか。

人間はどうやって体のバランスを取っているのでしょうか。 一つは三半規管などの重力や速度を感じる前庭感覚、もう一つは目で見る視覚、最後は、筋肉→小脳を経由する運動感覚です。 目をつぶって片足で立つとふらつきます。これは、視 …

頻尿・尿漏れは「仕方ない」ものではありません

頻尿、尿漏れに鍼灸が効果的であることは、あまり知られていないようです。 腎臓で作られた尿は、尿管と呼ばれる細い管を下って、膀胱に貯めこまれます。 尿が一定量(大人で500cc程度)たまると、膀胱の筋肉が収縮して尿を外へ押 …

鍼灸治療がパーキンソン病にできること

パーキンソン病(パーキンソン症候群)は、ドーパミンの代謝異常により、大脳の中心部にある黒質、線条体などの障害だといわれています。 錐体外路障害を特徴とする、原因不明の疾患です。 錐体路障害とは、体は動くものの、正確な動作 …

腰から足にかけての痛みの治療

腰痛をお持ちの方の中には、足にまで痛みが広がっている方が多数みられます。 腰~お尻~太もも~ふくらはぎというラインで、しびれるような痛みが続き、歩くのも立っているのもつらい。 ややもすると「坐骨神経痛」という診断名がつい …

疲れ目・ドライアイの鍼灸治療―顔面の炎症を抑え、循環を改善

私もそうですが、長時間パソコンに向かっていると、疲れ目・ドライアイといった症状に悩まされるようになります。 意識的に瞬きの回数を増やしたり、目頭の周辺を押さえると涙が分泌されて楽になります。 他の原因としては、鼻や口腔、 …

患者さんの治療ができることが、猛烈に嬉しい。 はりきゅう一筋30年の先生も、こんな思いでいられるのだろうか。 良くも悪くも、人は慣れていく生き物だから、これほど心躍る気持ちで治療に臨むことのできる日々も、いつか消え去って …

「だるさ」とは一体何か

「だるい・しんどい・倦怠感がある」、とはよく聞く言葉ですが、その正体は一体何でしょうか。 風邪を引いているならもちろん風邪が原因と考えられますが、特に熱はない、咳もくしゃみもないのに、ただひたすら「しんどい」という状態が …

反応点治療研究会の講習会(関西)が開催されました

今日は私の所属する「反応点治療研究会」の定例講習会(関西)がありました。僭越ながら私たちも講師の一人として参加させて頂きました。 講習会というと、実際の打ち方を習うことに目が向きがちです。 もちろん実技は必要ですが、内臓 …

« 1 24 25 26 27 »
PAGETOP
Copyright © 南天はり灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.