神戸元町・花隈の緑内障・中心性網膜症・ドライアイなどの眼科疾患、不妊症、めまいに実績のある鍼灸専門治療院
ブログ

よしなしごと

花クマちゃんと自転車

「花隈にゆるキャラがないなら、作ってしまえばいいじゃない」 の精神で誕生した花クマちゃんの自転車バージョンが完成しました! 神戸には坂が多いので、押して歩いております。 そんな場面も神戸らしい一枚となりました。 最近は電 …

カラダもコトバもやる理由

わたしは鍼灸師を職業としていますが、一方で中国語の通訳/翻訳者・講師でもあります。 よく「どっちが本業なんですか?」 とか、 「なんでなんですか?」 と月に2、3回は尋ねられます。 成り行き…としかいいようがないのですが …

「どうせ死んでしまう」と言うために、よく生きる

別に誰にたずねられるわけでもありませんが、わたしの座右の銘は「どうせ死んでしまう」です。 これだけ書くとなんだか生きることに消極的な、中二病の人のようですが、違います。   たしかに、「どうせ死んでしまう」から …

新年度、どんどん治療院を変えていきます

3月が終わり、4月、新しい年度が始まります。 治療院は変わらず毎日開けていますが、大学での講義が増えたりと、わたしの仕事も少し変化があります。 先日は電話番号が変更になりましたが、ホームページも新しくする予定で、副院長が …

南天はり灸治療院 

家族を任せてもらうということ

わたしと同じ世代の人たち、親の健康が気がかりになってくる時期になってきました。 そういうこともあって、最近、知人や友人から、自分の家族について相談されたり、実際に治療を任せてもらう機会が増えています。 プロフィールにもあ …

南天はり灸治療院 

鍼灸治療というプチ瞑想

治療をしている時間中は、鍼と火を取り扱いますので、とても集中しています。 気をつけているのは、常に呼吸を一定に保ち、いい姿勢で治療をすること、です。 人はものを考えずには済まない生き物ですが、できるだけ雑念を取り払い、自 …

怒りがわたしを治療に向かわせる

日本に根深く残る根性主義的、男性主義的思考が苦手です。 雇われて仕事をしていたときは「執念」とか「電通鬼十則」みたいな考え方を吹き込まれていたこともありました。 いまから思うと馬鹿馬鹿しいことこの上ない。 社会の主流の考 …

自分が患者になるときは

自分が医療機関に行くときは、じっくりと患者の気持ちを味わうことにしています。 先日、歯のチェックをしてもらいに歯科に行ったのですが「こんなのが不安だな」と思うことがありました。 歯石を取るために、口の中に機械を入れられた …

武術の稽古をはじめる

ご縁がありまして、武術の稽古に参加させていただくことにしました。 とても小さくて、雰囲気の良い道場です。 武術をやってみようと思った理由はいくつかあります。   一つは、生きた人間の体の動きをしっかり把握できる …

悪徳鍼灸師だわ、俺は

ときどき、通院されている患者さんがお土産を持ってきてくださいます。 ケーキとか、クッキーなどのお菓子が多いのですが、この間はある患者さんが「『南天はり灸治療院』なのに南天がないのはおかしい!」と言って、南天の鉢植えをプレ …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © 南天はり灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.