神戸元町・花隈の緑内障・中心性網膜症・ドライアイなどの眼科疾患、不妊症、めまいに実績のある鍼灸専門治療院
ブログ

よしなしごと

本当に「良い」鍼灸師はただただ楽しんでいる

本当に鍼のこと、体のことがわかっている鍼灸師とは謙虚なものだと思います。 「俺が治してやる!」 とか 「俺のワザが最高の技術!」 とか、言いません(思っているかもしれませんが)。 わたしは運がいい人間で、素晴らしい技術を …

体のケアはスケジュールに組み込んでしまう

半年に一回、歯の定期検診に通っています。 僕は丈夫な体に産んでくれた親のおかげか、歯は丈夫な方で、あまり虫歯になったことはなく、あまり歯医者に縁のない人生だったのです。 「歯医者にはお世話にならないのがカッコイイ」 なん …

譲らない人譲らせない人

ある朝、わたしは用事があって電車に乗っていた。 わたしは車両の連結部に近い4人がけのシートに腰掛けていた。向かい側は優先席だ。 朝の時間帯ということもあって、車内はそれなりに混雑していた。すし詰めというほどではなくて、つ …

2018年は5周年の年

新年明けましておめでとうございます。 イベント事にうといわたしたちの治療院ですが、今年は30日〜3日まで、比較的長いお正月休みとなりました。 7月には当院は開院5周年を迎えます。あっという間のことですね。 今年は治療院に …

南天はり灸治療院

気づきつづける治療時間

「マインドフルネス」とか「瞑想」というものが流行をみせています。 わたしも元々仏教にはすごく関心があって(大学のときの「仏教学」という授業がおもしろかった。あとは手塚治虫の『ブッダ』)、いろいろと書籍を読んできたのですが …

患者を治せたわたしはエラいのか?

治療院をやっていると、「前に行っていた鍼灸院で治らなかった」、「きちんと診てもらえなかった」とおっしゃる患者さんに出会います。 そんなことを言われたあとで、自分の治療によってその患者さんの症状が改善したりすると、心の中で …

”視点”が違う治療

時には芸術の話を

三宮本通(センター街のひとつ海側)にあるカフェ&ギャラリー「ゆめや」さんに行ってきました。 目的はこれ。 「丸尾宏一 油彩画展」です。 今日が最終日だったので、ぎりぎり間に合いました。 丸尾先生はわたしの中学校時代の美術 …

どれだけ集中して鍼が打てるか

鍼灸治療というのは高い集中力を要するものです。 鍼を打つ前には触診によって患者さんの皮膚に触れ、問題のある箇所を探します。患者さん自身の言葉で、「どこがつらい、ここが痛い」ということも聞き取って参考にしますが、最終的には …

めまいの兆候を皮膚から読み取る

花クマちゃんと自転車

「花隈にゆるキャラがないなら、作ってしまえばいいじゃない」 の精神で誕生した花クマちゃんの自転車バージョンが完成しました! 神戸には坂が多いので、押して歩いております。 そんな場面も神戸らしい一枚となりました。 最近は電 …

カラダもコトバもやる理由

わたしは鍼灸師を職業としていますが、一方で中国語の通訳/翻訳者・講師でもあります。 よく「どっちが本業なんですか?」 とか、 「なんでなんですか?」 と月に2、3回は尋ねられます。 成り行き…としかいいようがないのですが …

1 2 3 10 »
PAGETOP
Copyright © 南天はり灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.