神戸元町・花隈の緑内障・中心性網膜症・ドライアイなどの眼科疾患、不妊症、めまいに実績のある鍼灸専門治療院
ブログ

よしなしごと

大丈夫やで

大学生の頃、ギターを習っていた。 教室は須磨の海の近くにあって、先生は自分より10歳くらい年上の男の人だった。 私は貯金をはたいて買ったK.ヤイリのギターを背負い、カブに乗って、自宅から15分くらいの教室に通っていた。 …

鍼灸は本当に中国起源?

鍼灸が生まれたのは、お隣中国だと言われています。 もはや説明する必要もないくらい有名なことです。 しかし、「アイスマン」という言葉をご存知でしょうか? 1991年に、オーストリアとイタリアの国境付近で、ミイラ化した遺体が …

一本の歯は一つの臓器

歯科技工士をしている幼なじみの友人がいます。 先日一緒に飲んでいたところ、興味深い話を聞くことができました。 「一本の歯は一つの臓器」という話です。 歯は毎日動いているそうで、もしもどこかの歯が抜けてしまった場合、その隙 …

京都市の医療通訳派遣事業が10周年を迎える

「京都市医療通訳派遣事業10周年記念フォーラム」に参加してきました。 京都市で医療通訳制度が始まって10年になります。 これまでの足跡を振り返り、利用者である病院、医師、そして患者さんの視点からのお話も聞かせて頂きました …

鍼灸師として、通訳として

通訳の仕事で病院に行く機会が多いです。 自分自身は(はり灸セルフ治療のおかげで)、病院のお世話になることは年に1度あるかどうかというくらい。 あらゆる診療科に入らせて頂くのですが、この患者さん、はり灸で治療できたら結構楽 …

西洋医学的鍼灸の勉強会

当院は、「反応点治療研究会」という会に属しています。 ここでは、鍼灸につきものの「経絡」「ツボ」という考え方ではなく、 神経生理学的なメカニズムによって、はり灸の作用を説明しています。 先日、研究会の合宿があり、ここで会 …

鍼灸の勉強合宿に参加してきました

11月3・4日とお休みをいただきまして わたしたち南天の2人が所属しております、 反応点治療研究会が毎年行っている合宿に参加してきました。 合宿では鍼灸学校の学生さんや 開業している鍼灸師仲間の発表、 更には実技など盛り …

「痛いほうが効く」はウソ

「はりは痛いほうが効いた気がする」 人間の心理とは不思議なもので、 痛いのは嫌なはずなのに、 痛みに耐えた方が効果があるような 気がするんですね〜。 でも、それほんとうでしょうか? そもそも鍼灸ってなぜ効くのでしょうか? …

最後のよりどころになりたい

鍼灸院に来られる方は、症状が様々。 肩こり、腰痛はもちろんのこと めまい、眼精疲労、 生理痛、 頻尿、 不妊症など 本当に色んなお悩みを抱えた方がいらっしゃいます。 そんな患者さんたちが よくおっしゃられるのが 原因がわ …

患者さんの治療ができることが、猛烈に嬉しい。 はりきゅう一筋30年の先生も、こんな思いでいられるのだろうか。 良くも悪くも、人は慣れていく生き物だから、これほど心躍る気持ちで治療に臨むことのできる日々も、いつか消え去って …

« 1 8 9 10 »
PAGETOP
Copyright © 南天はり灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.