神戸元町・花隈の緑内障・中心性網膜症・ドライアイなどの眼科疾患、不妊症、めまいに実績のある鍼灸専門治療院
ブログ

反応点治療

2014年度 第4回 関西実技講習会

本日は、「2014年度 反応点治療研究会(関西)実技講習会」のため、午後を一部休診といたしました。 夕方から診療を再開しています。 講師としては2年目となります。和やかな雰囲気の中で実技講習を担当させて頂いています。 今 …

2014年度 第3回反応点治療研究会(関西)実技講習会

昨日、第3回となる「2014年度 反応点治療研究会(関西)実技講習会」が開催されました。 私たちは2012年度から講師を務めております。 午前中の座学、午後の実技という構成で、朝から夕方までという長丁場ですが、受講生のみ …

ツボ、経絡は皮膚に?ー体の現象をわかりやすく伝えること

昨年11月から継続している論文の抄読会で、ツボと経絡の所在に関する研究論文を講読しました。 『皮膚は考える』、『第三の脳』などで有名な資生堂研究所の傳田光洋博士による、『Possible Role of Epiderma …

研究の成果を臨床に

「鍼灸ってなぜ効くの?」 これに対する完全な答えはいまだ明らかになってはいません。 「ツボ」とは何なのか、「経絡」とは何なのか、わかっていないことがあまりにも多いのです。 特定の部位に鍼を打って、お灸をして、皮膚を刺激す …

2014年度 第2回講習会が開催されました

私たちも講師を務める「反応点治療研究会」の2014年度、第2回講習会が開催されました。 午前中の座学で鍼灸治療の生理学的メカニズムを学び、午後は実技を行うという一日です。 治ったからOKではなく、なぜそこに鍼を打つのか、 …

反応点治療・東海地区実技講習会のお知らせ

私たちが行う反応点治療とは、神経生理学的に鍼が体に影響をおよぼすメカニズムを考え、訓練された「職人の手」による触診によって病気のありかを見つけ出す治療法です。 神経生理学は、治療の考え方を規定する「知識」であり、 治療を …

皮膚、筋肉への刺激で自閉症が改善

タイ古式マッサージで自閉症の子どもの症状が改善したという記事です。 http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20140122155503835 人に触られる、何かをしてもらう …

寝ている間にも治療ができる

鍼灸治療の一般的な時間は、およそ50分。 この間に、鍼を打ったりお灸をしたり、ローラーをかけたりと、さまざまな方法で患者さんの体に刺激を与えます。 当然、刺激は大きければいいというものではありません。 ネコ舌の人とそうで …

病名の意味

11月の初めに行われた反応点治療研究会の合宿では、疾患ごとのグループ討論が行われました。 私は、そのうちの一つ、自律神経失調症について話をしていました。 「自律神経が失調」と言うと、もはやとっかかりもなにもなくなってしま …

西洋医学的鍼灸の勉強会

当院は、「反応点治療研究会」という会に属しています。 ここでは、鍼灸につきものの「経絡」「ツボ」という考え方ではなく、 神経生理学的なメカニズムによって、はり灸の作用を説明しています。 先日、研究会の合宿があり、ここで会 …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 南天はり灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.