神戸元町・花隈の緑内障・中心性網膜症・ドライアイなどの眼科疾患、不妊症、めまいに実績のある鍼灸専門治療院

耳鳴り・難聴

耳が聞こえるしくみ

まず、耳はどのように聞こえているのか、そのしくみから見てみましょう。

耳の外から見ることのできる部分は、耳介(じかい)といって、パラボラアンテナのように音を集めるはたらきをしています。

そのようにして集められた音は、外耳道(がいじどう)というトンネルを通って鼓膜を振動させています。

鼓膜の奥にある中耳(ちゅうじ)という部屋には、鼓膜に密着した耳小骨(じしょうこつ)という小さな3つの骨があります。

鼓膜を振動させた音のエネルギーは、この3つの骨を順にリレーされ、内耳(ないじ)というリンパ液に満たされた部屋へと送られます。

外耳では音は空気の振動でした。

中耳ではそれがレコードの針のような物体の振動に変換され、さらに奥の内耳では液体の振動へと変換されます。

内耳には蝸牛(かぎゅう)管という渦巻き型の器官があります。

この蝸牛管にはリンパ液が満たされており、有毛細胞というセンサーが液体の動きを感知すると、電気信号が生まれ、それが脳へと送られます。

このように、音はそれぞれの場所でさまざまな形に変換されるという、きわめて精密な仕組みで伝達されていて、私たちは最終的に電気信号になったものを音として認識しています。

したがって、耳鳴りを考える場合には、それが外耳、内耳、内耳のどこで起こっているのかを考えることになります。

まずは外耳ですが、こちらは異物や炎症などがあれば容易に外からわかりますので、ひとまずおいておきます。

中耳での要因

中耳での音の伝達の主役は、「鼓膜」と「耳小骨」です。

この2つは、「鼓膜張筋」や「アブミ骨筋」といった細い筋肉によって支えられ、制御されています。

もし、炎症やストレスなどの理由でこれらの筋肉が緊張してしまうとどうでしょうか。

(疲れているとまぶたがピクピクけいれんすることがありますよね、あれに似た状態を想像してみてください)

鼓膜や耳小骨に伝わる音が制御できなくなると、本来必要のない音を生んでしまったり、正常に音が伝達できなくなることになります。

さらに、鼓膜には粘膜の層がありますが、温かく水分の豊富な粘膜は最も微生物が住み着きやすい場所です。

中耳は、耳管(じかん)という管で喉とつながっています。カゼなどで喉や鼻に起こった炎症は、容易に中耳にまで届き、慢性の炎症を生むことになります。

患者さんに耳鳴りや難聴が始まったきっかけを聞くと、カゼや扁桃腺炎にかかってから、と答えられる方が多いのもこのことと深い関係があります。

内耳での要因

内耳のリンパ液は、密閉された空間の中に存在します。

ということは、リンパ液はそう頻繁に代謝されることはないと考えられます。

炎症などによって、液体が濁ったり、スムーズに流れなくなればどうなるでしょうか?

液体の流れを感知して音の信号を作っている有毛細胞も正常に作動しなくなります。

鍼灸による耳鳴り・難聴へのアプローチ

内耳、中耳というのは、本などでは大きなイラストで描かれていますが、実際には指の先ほどの大きさしかありません。

骨や鼓膜でしっかりとおおわれていますので、生きた人間の体内でそれらがどのように作動しているのかを見ることもできません。

レントゲンやMRIにも映らないのです。

では、どうやって鍼灸で耳鳴りや難聴を治療していくのでしょうか。

鍼灸による皮膚刺激は、対応する器官の血管を拡張させ、透過性を高めることができます。

中耳や内耳といった小さな器官でも例外ではなく、神経を介して皮膚とつながっています。

その部位を触診によって見極め、適切な量の刺激をほどこします。

その結果、血流の改善、炎症の抑制が起こり、耳鳴り・難聴が消失すると考えられます。

治療室紹介

全て個室で、プライバシーに配慮しております

全て個室で、プライバシーに配慮しております。

ご予約・お問い合せはこちらから TEL 078-381-8066 受付時間 9:00 - 20:00(土日祝は17時まで)

PAGETOP
Copyright © 南天はり灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.