神戸元町・花隈の緑内障・中心性網膜症・ドライアイなどの眼科疾患、不妊症、めまいに実績のある鍼灸専門治療院

めまい・ふらつき・立ちくらみ

めまいの原因はどこに?

当院はめまいの治療に多数の実績がありますので、自信をもって対応させていただきます。

病院でどうにもならなかったという方が多数訪れています。

日本の医療は世界最先端のはずなのに、いったいなぜ、こんな小さな治療院に患者さんが訪れるのでしょうか?

風邪や腹痛であれば、不調のありかがどこにあるかはなんとなくわかりますが、めまいはやっかいです。

ただただ目や頭がぐらぐらするばかりで、一体何が起こっているのか、わけがわからない苦しみが突然襲ってきます。

めまい・ふらつき・たちくらみ

「めまい」「ふらつき」というのは「体がバランスを取れなくなってしまった状態」です。

健康なときには意識しませんが、私たちが何も考えずに立ったり座ったりできているのは、体が自動でバランスを取っているからです。

では、人間はどうやって体のバランスを取っているのでしょうか。

 

一つは三半規管などの重力や速度を感じる前庭感覚、もう一つは目で見る視覚、最後は、筋肉→小脳を経由する運動感覚です。

例えば、目をつぶって片足で立つとふらつきます。

目を開けているときに比べ、不安定さを感じます。

これは、視覚での補正がなくなり、前庭感覚と運動感覚のみでバランスを取っているためです。

それでは、この3種類の感覚が別々の情報を発すれば、体はどうなるでしょうか。

めまいは南天はり灸治療院

例えば、前庭感覚が「体が横たわっている」との情報を送り、視覚が「体は直立している」という情報を送るとしましょう。

普通であれば一致しているはずの情報が一致しなければ、頭は混乱します。これが「めまい」「ふらつき」の正体です。

「めまい・ふらつき・立ちくらみ」の原因

視覚や運動感覚はそうそう不調を起こしません。

失調を起こしやすいのは前庭感覚です。

前庭感覚が不調におちいると、体は残された視覚・運動感覚をたよりに、必死に立て直しをはかります。

その間は一種の混乱状態にありますので、体はふらつき、意識障害の起こることもあります。

前庭とは耳の奥の奥、内耳という部分にあります。

頭蓋骨の非常に小さなくぼみにはまりこむように存在しているため、外からその様子を伺うことは難しく、これがめまいの治療を難しくしています。

これだけ小さな部位だと、その部分の不調はレントゲンやMRIにも写りません。

皮膚へのやさしい刺激でめまいを治療

当院はさまざまな疾患に対応していますが、とりわけめまい治療を得意としています。

治療は、皮膚の表面に注目して行っています。深く鍼を打つことはありません。

皮膚と体内の器官は、神経というケーブルによって、脊髄を介してつながっています。

炎症をはじめ、異常のある組織に対応する皮膚上には「反応点」(「ツボ」と読み替えてもらってもかまいません)という領域が形成されます。

私たちは、この反応点を触診によって読み取り、そこを刺激を与えることで内部環境の改善をはかります。

めまいの兆候を皮膚から読み取る

めまいの場合、反応点は耳たぶの下あたりに形成されます。

ご自身でも、ふらつきを感じる場合はこのあたりを優しくさすってやれば、それだけで治療になります。

軽度のものであればそれだけで軽快するのが実感できるでしょう。

このとき、ツボを「押す」のではなく、あくまでも優しく触ってやることがポイントです。

はり灸でも、非常に優しい刺激によって治癒へと導きます。

病院での治療で芳しい効果が見られなかった方にこそ、はり灸での治療をおすすめします。

めまいは自分でケアできる

当院では、「ローラー鍼」などを使用した自宅でもできるセルフケアも指導しています。

当院で行なっている治療理論については、下記の書籍に詳しく説明されています(著者は私たちの先生です)。

 

 

患者さんの声をご紹介します

めまい、頭痛、腕・肩・首のコリ 女性 30代

詳しくはこちらをご覧ください。
その他の患者さんご自身の声はこちらをご覧ください。

 

めまい・たちくらみ、耳鳴り、腕・足の痛み   女性 80代
はり灸治療によって症状がなくなりました。平衡感覚に不調をきたし、筋肉の柔軟性が失われたために、バランスを崩しやすくなったものと考えられます。介護予防は、歩ける身体、転ばない身体を維持することにあります。

めまい・たちくらみ、耳鳴り、腕・足の痛み| 患者さんの声

詳しくはこちらをご覧ください。
その他の患者さんご自身の声はこちらをご覧ください。

 

めまい・立ちくらみ、頻尿、膝の痛み 女性 80代

高齢で寝たきりになりかけていた方の娘さんからお電話を頂き、往診で治療を開始しました。
当初は、受け答えもはっきりしていませんでしたが、回数を重ねるごとに言葉がしっかりするようになり、表情も豊かになってきたのが印象的です。
治療開始から2カ月ほど経った頃、家族で桜を見に行った折に、久しぶりに俳句を詠まれたということで、作品も拝見させて頂きました。
また、その翌月には、約1年ぶりに自分で料理をして、後片付けもすべて一人でこなすことができました。今のおうちに入居して初めてのことだったそうです。
最近では、ヘルパーさんからも「元気になっていますね」と言われているとのこと。
むくみや膝の痛みなどがありましたが、ローラー鍼等によって改善をみています。
めまいなど、課題はまだ残っていますが、これからも少しずつ元気を取り戻していくことが期待されます。
鍼灸治療が介護予防に役立ったケースの1つとなりました。

めまい・立ちくらみ、頻尿、膝の痛み| 患者さんの声

詳しくはこちらをご覧ください。
その他の患者さんご自身の声はこちらをご覧ください。

全て個室で、プライバシーに配慮しております

全て個室で、プライバシーに配慮しております。

(2017年3月23日更新)

ご予約・お問い合せはこちらから TEL 078-381-8066 受付時間 9:00 - 20:00(土日祝は17時まで)

PAGETOP
Copyright © 南天はり灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.