神戸元町・花隈の緑内障・中心性網膜症・ドライアイなどの眼科疾患、不妊症、めまいに実績のある鍼灸専門治療院

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱管狭窄症

神経は圧迫されても痛みません

椎間板とは、脊椎の間にあるクッションのことで、これが飛び出して神経を圧迫することで痛みが生じているといわれています。

しかし、圧迫されて神経が痛くなるのであれば、どんな人でも体を前に倒すだけで腰が痛くなるのではないでしょうか。

新体操の選手など、「折れているのでは?」と思うくらい体を曲げることができますが、ものすごい腰痛に悩まされながら演技しているのでしょうか。

とてもそうとは思えません。

ちょうど電話線のように、神経のケーブルは何重にも保護されています。

多少の圧迫で傷ついたりすることはありません。

もし少しの圧迫で簡単に痛くなれば、走ることもできません。

仮に、神経がものすごい力で圧迫された場合、起こるのは痛みではなくマヒあって痛みではありません。

神経とはある地点からある地点まで、情報を伝える電話線です。

痛みがある、ということは、痛みの情報が存在するということです。

問題が起こっているのは、電話線ではなく、痛みの信号を送っている「現場」です。

原因は神経でなく、筋肉の緊張とけいれん

ヘルニアが観察されても、痛みを感じない人はたくさんいます。

「脊柱管狭窄症」にしても同様で、仮に脊柱管が狭くなっても、そこにあるのは馬尾(ばび)という、文字通り馬の尻尾のようにバラバラになった神経の先端部分で、スペースにも十分な余裕があります。

しかも、神経の束は強い膜でカバーされています。

痛みの本体は、筋肉の緊張、けいれんなのです。ヘルニアは無関係です!

はり灸は全身の筋肉を治療

はり灸では、「ヘルニア」や「骨のゆがみ」などではなく、筋肉をターゲットに治療を行います。

実際に多くの方が、筋肉への治療だけで回復されています。

「もう治らない」、「手術しかない」とあきらめてしまう前に、一人でも多くの方に鍼灸による治療を受けて頂きたいと、切実に願っています。

南天はり灸治療院 治療室風景

清潔な個室で施術致します。

(2017年2月24日 更新)

ご予約・お問い合せはこちらから TEL 078-381-8066 受付時間 9:00 - 20:00(土日祝は17時まで)

PAGETOP
Copyright © 南天はり灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.